遺言書の効力

遺言書はどのような効力を持っているのでしょうか?ここでは、遺言書が持っている効力についてご紹介しましょう。

遺産を相続人に渡したくないような時には、遺言書によって相続権をその相続人に対して無くすことができます。
法律によって、相続人が相続する財産は決まっています。
しかしながら、遺言書によって、相続する財産を任意に決めたり、決めることを第三者に委託したりすることができます。
一般的に、相続する財産については、分割する方法が相続人の全てが協議することによって決められます。
しかしながら、遺言書によって、どのように遺産分割をするかを指定したり、あるいは第三者に指定するのを委託したりすることができます。
相続財産は、基本的に法定相続人が相続しますが、遺言書によって、相続財産を法定相続人ではない団体や第三者に贈ることができます。
隠し子がいるような場合は、遺言書によって自分の子どもであると正式に認めることによって、相続人に自分の子どもとしてプラスすることができます。
残された子どもがまだ成人していない場合、親権者が遺言する人が亡くなることによっていなくなる場合は、遺言書によって、後見人に第三者をすることでこの成人していない人の財産管理等について委託することができます。

遺言書の効力はこれ以外にもいろいろあります。
遺言書を作成する場合には、このような効力について十分に把握しておきましょう。
本サイトでは、効力が生じない、効力が認められる、についてご紹介します。



【外部リンク】
遺産の相続権など遺言書の作成について解説しているサイトです ・・・ 遺言書 作成